全ページ広告





【夢占い】愛する夢の意味とは

更新日:

【夢占い】愛する夢の意味とは 10秒でわかる要約

  • 新しい出会い→からの恋愛を想像してしまいますが、実際は予知夢ではなく、願い夢という分類になります。
  • 誰かを愛したいという欲求を表す夢で、恋の予知夢ではない
  • 自分の愛の行き場がない為に夢で仮想の相手を作り、精神バランスを取ろうとしている

実際の人生で愛情が欠けているから、それを補う為に、愛し(または愛される)夢をみている可能性が高いです。

以下、夢占いの本の中から愛する夢についての記述です。

愛する夢を見たからといって、誰かと愛し合う予知夢というわけではありません。

その反対で、愛に出会えないことを暗示しています。

愛する相手がいない寂しさから見ることが多いようです。

とくに夢の中での愛の対象がはっきりと特定できず、ぼんやりとしている場合は、恋はしばらく訪れないでしょう。

よく当たる!夢占い事典1000 未来への扉を開く 幸運を呼ぶメッセージ マリィ・プリマヴェラ著 永岡書店より抜粋

【夢占い】愛人が出て来る夢の意味とは

【夢占い】おなら 屁の夢をみたら愛の告白が成功するってホント!?

恋愛がうまくいって欲しい!って思ってる方!ベルトや帯の夢をみた事はありますか?

【夢占い】帯 ベルトは結婚を表す吉夢







-あ行, 行動

Copyright© 夢占い心理学 , 2018 AllRights Reserved.