全ページ広告





【夢占い】悪夢の意味とは

更新日:

見ていた夢が悪夢だった場合、目が覚めてほっとするという気持ちの後に、夢が何を意味していたのか気になりますよね。

一口に悪夢といっても、いろんなパターンがあります。

漠然とした悪夢というよりは、シチュエーション別に見て、より合っているものがあれば以下のページから参照して下さい。
【夢占い】襲われる夢の3つの意味とは 夢占い本2冊調査の結果 | 夢占いdb

悪霊 ゾンビの夢 | 夢占いdb

【夢占い】悪人が出て来る夢の意味 | 夢占いdb

悪夢を見た後は、すぐに目が覚めてしまう事が多いです。

きちんと睡眠時間が取れてから起きれているのなら、夢占いの範疇で考える事ができますが、真夜中に悪夢で目が覚めてしまった、という場合には、睡眠障害の可能性も考えられます。

何日も悪夢が続くという事は、その夢の中に何かメッセージ性がある事も考えられますが、それよりも睡眠がちゃんと取れない事の方が問題です。

日本ではそういう時、心療内科を受診するとカウンセリングを受けれたり睡眠薬を処方してもらったりできます。

悪夢を見てしまう原因とは

寝る前に食べた物が影響している可能性があります。
例えば、カフェインを練る前に接種していた場合、夢はより鮮明になります。当たり前ですが、目が覚めやすくなり眠れなくなる原因にもなります。

食べ物を食べてから寝ると、代謝が良くなるので、身体自体が体を起こそうとしてしまいます。

体が起きようとする関係で悪夢を見せる事で、起きてしまう原因を作ってしまう事が考えられます。

眠る前に食べる習慣がある人は、少量の水を飲むだけにするか、何も食べないで休まれた方がいいですね。

夢の中で夢を見ている、さらにそれがよくない内容だと感じている、という夢はよい意味を持ちません。

これから何かのトラブルが持ち上がり、しかもそれに対してあなたは間違った解決策を取ってしまいそうだということをあらわしているのです。

もっとも心配なのが、その問題を軽視して、あとまわしにしてしまうこと。

この夢には警告も含まれています。

つまり、これから起きる問題は決して小さなトラブルではないということを予告しているのです。

迅速に真剣に取り組まないと、それによってあなたが失うものは大きいでしょう。

しばらくは、どんな小さなアクシデントもおろそかにせず、誠実な対応を心がけた方が賢明です。

夢占い大全 マドモアゼル・愛著 西東社より抜粋







-怖い夢

Copyright© 夢占い心理学 , 2018 AllRights Reserved.