全ページ広告





【夢占い】色が印象に残った夢の意味とは 色別に解説

更新日:

【夢占い】色のついた夢をみた時のあなたの心理とは

夢の中の色は夢を見た時の精神状態を端的に表します。

ですが、夢で印象深かった色だけで夢占いを考えるのではなく、色と同時に夢に出てきたシチュエーションについても考える必要があります。

また、色に関しては、夢を見たあなた自身が、今まで生活してきた中で、その色に対してどういう感情を持ってきたかで考えるのがスタンダードな夢占いの考え方です。

なぜなら、たとえば赤色一つとっても、口紅を毎日塗る女性にとっての赤の印象と、ケガをした時の赤をイメージする男性とでは捉え方がまったく違うからです。

色から吉夢であるか、凶夢であるかを考える場合、一人一人の性別、年齢、美的好みによって大きく変わってくるので、それぞれの色について、あなた自身がどういう印象を持っているのかも考えて夢占いをして下さい。

基本的に色が明るいか、暗いか、という事の中からも読み取れるメッセージがあります。
あなたの気持ちが不安定になっている時は、暗っぽい色だったり、白黒の世界の中での夢みたいに感じたでしょうし、それとは反対に、あなたの体調が良く、精神的に安定した状態なら、自然の陽光の中で活動するような夢の中の色彩だったと思います。

色から夢占いを考える場合、よっぽど単色に注目がいくようなシチュエーションだった場合を除いて、夢全体で多く目にした色のイメージで夢占いを考えてみるのがいいと思います。

明るく美しい色彩は幸運を意味します。逆に、くすんで暗い色は不運をあらわすことが多くなります。色のついた物を判断する時、物と色の持つ意味が異なる場合があります。そんな時は物と色、どちらの印象が強いかで見るようにしましょう。

青【夢占い】

明るい青は安らぎをあらわします。また、光沢があり美しい青は、味方が現われることを示しています。

赤【夢占い】

赤い光や炎はよいしるしです。自分の実力以上の力を発揮できるでしょう。一方、ギラギラした派手さや軽薄さを感じる場合は、焦りをあらわしています。はやる気持ちが思いもよらない失敗をまねくことを警告しています。

オレンジ色【夢占い】

オレンジ色は心のビタミンとなる色です。エネルギーが満ちてくるので、目標を定め成功するでしょう。

黄色【夢占い】

明るく輝く黄色は、普段の生活の充実を示しています。楽しい気持ちで日々を過ごせるでしょう。また、カンがさえるので、ふとしたひらめきが幸運に結びつきます。

ただし、チラチラする黄色い光や、安っぽい印象の黄色は、物事が簡単には解決に向かわないことを示しています。

向かわないことを示しています。

グレー【夢占い】

過去のトラブルの再燃をあらわしていま大昔うやむやにしてきた問題が、今になって新たなトラブルを引き起こしそうです。災難や体調ダウンを暗示しているほか、今まで努力してきたことが一度白紙に戻ってしまうことをあらわす凶夢です。単調で退屈な時間がしばらく続くことを予期しています。

白【夢占い】

意識していないにしろ、あなたの無関心や無頓着が対人関係のトラブルを生むことを暗示しています。周囲をよく観察すれば、今まで見えていなかったいろいろな可能性に気づくでしょう。

茶色【夢占い】

金運が激しく上下することを示しています。予想外の収入があっても、同時に急な出費も増えるため、お金の出入りが激しくなるでしょう。また、作品などの創作によい合もあります。

ピンク【夢占い】

美しいピンクは精神的な満足を象徴しています。

緑【夢占い】

深い緑は友達へのねたみや恐れがあることをあらわしています。ただし、明るく輝く緑の場合は、健康状態が上向きなることを示しています。

紫【夢占い】

人間関係のもつれにより、疲労や悩みが生じることを示しています。明るく淡い紫は、楽しい休日、休暇、プライベートな時間を過ごすことができ、心身共に癒されることを告げています。

さまざまな色のミックス【夢占い】

最高の吉夢。雲やオーロラなど、空に関係するものがさまざまな色に輝くのを見るのは大幸運です。想像もしていなかった成功やステップアップの機会が訪れることをあらわしています。

夢占い大全 マドモアゼル・愛著 西東社より抜粋







-あ行,

Copyright© 夢占い心理学 , 2018 AllRights Reserved.