全ページ広告





【夢占い】歩く夢の意味とは

更新日:


夢の中で歩いていたシーンがあった場合、基本的に意味しているのはあなたの人生が順調に進んでいる事を表します。

もちろん、歩いた先に何か悪い出来事があったり、印象的な事があった場合には、そちらの方が夢占いの分析対象になるので、歩く事自体に注目するよりも、夢全体から夢占いしていった方が、より為になる結果につながります。

【夢占い】歩きにくい状況だった場合

例えば靴が合ってないとか、もしくは路面が悪かったりして歩きにくかった場合、あなたの人生の目標に対して、あまり順調に進んでいない事を示しています。

【夢占い】歩きにくい夢が示すあなたの現状、それに対するあなたの心理とは

歩きにくい状況の夢を見たあなたは今の生活に対してジレンマを抱え、うまくいかないぁ、と焦っているのではないでしょうか。

歩きにくい夢をみた人への夢占い研究家からのアドバイス

目標に向かおう!って思う気持ちが強いからこそ、順調に進んでいない事にいら立ちを覚えてしまうのです。まず、一生懸命になっている自分を褒めてあげ、その後、ゆっくりでもいいから、着実に目標達成に近づけていくにはどうすればいいのかを考えてみるのがいいです。

世の中の80%位の人は目標もなく、ただ生活しているだけです。

目標を持って、それに挑戦する生き方の方がエネルギーがいるものです。

目標の大きさにもよりますが、焦らず、人生全体の時間をかけて、じっくりと取り組んでいくのがいいと思います。

歩きにくい夢というのは、今の自信の生活に対して、あなた自身がうまくいかないなぁという苛立ちの心理があるからみてしまう夢です。

夢占いの考え方

夢は、あなた自身に、今のあなたを変える為の気付きを与えてくれます。夢の中で歩きにくい状況だった事は、あなた自身に、焦ってうまくいっていないという事実を教えてくれているのです。

この夢を教訓にして生活を変えるとすれば、あるきにくくて当たり前、うまくいかなくて当たり前、位の気持ちで生活する、という事です。

人生うまくいかない位の方が楽しいもの、それ位におおらかな気持ちでいけば、歩きにくい夢をみた自分を責める事もなくなっていくと思います。

【夢占い】歩き方について

以下は主に、夢の中で印象に残った歩き方をしていた時の夢占いの解説です。

歩いていた場所を覚えていらっしゃるのでしたら、”道”の夢占いのページを参照していただいた方が参考になると思います。
【夢占い】道の夢を状況別に14種解説!夢占い本4冊調査結果 | 夢占いdb

足は物事の進行状況に関係しています。のんびり歩くゆったり散歩気分でのんびり歩いていれば、今の生活が安定していることを示しています。

楽しく歩くわくわくと楽しい気分で歩く夢は、物事が順調に展開していくことを示します。

競争して歩く

誰かと競うように焦って歩く夢はダメージを受けることを示します。

足元をすくわれたり、思わぬ落とし穴にはまったり、失敗やトラブルに巻き込まれそう。

早く歩く

ひとりで歩いていても早歩きなら、不安や焦りがあることを示しています。

内股で歩く

内股になってそろそろと歩く夢は、現実での乱暴さを反省し、細かいことにも気を配って注意深く進めていくべきことを示しています。

大股で歩く

大股で外股、堂々と歩く夢は、その様子とは裏腹に自分の今後を悲観し、くよくよと落ち込む暗示があります。

もっと楽観的に自分で自分を励ますように、というアドバイスと言えます。

夢占い大全 マドモアゼル・愛著 西東社より抜粋







-行動

Copyright© 夢占い心理学 , 2018 AllRights Reserved.