全ページ広告





夢占いで夢の中の共通点を見つけると自分の悩みの本質がわかる

更新日:

まずは、枕元に夢をメモする為の紙とペンを置いておいてください。

夢は忘れやすいものです。
どんな夢だったのか、後から思い出そうとしても、思い出せないものです。

それを紙に書いて記録しておいて、後からネットでその意味を探せばいいのです。

ほかの夢との共通点を探る

夢を記録したらそれでよしとしないで、ときどきその夢を思いだしてみることが重要です。

前日に見た夢でも、一週間前に見た夢でも繰り返し思いだしては、その世界に浸ってみてください。

一つの夢に関心をもち続けるのです。

すると、その夢が新たに別の夢を生み、次から次へと夢を見るようになります。

連続して夢を見るようになると、そのなかに共通する要素をもった夢をいくつか見いだすことがあります。

夢の状況、人物、人間関係、行動などの点で、類似した点が発見されるのです。

こうした共通点は、うっかりしていると見すごしてしまうことがあります。

たとえば、《掃除をしようと思ったのに,掃除機が見つからなかった》という夢を見たとします。

その数日後に《湯沸器が故障していて、シャワーが使えなかった》という夢を見たとしましょう。

この二つの夢は、一見何も関係ないように思われます。しかし、実は(何かをきれいにしよう(浄化しよう)としたのに、その手段が得られない》という共通の状況を表わしているのです。

このように、共通点といってもつい見落としてしまうことがあるので、一つ一つの夢を念入りに吟味していく必要があります。

複数の夢に見られる共通点は、あなたが自分を知るうえで大切なキーポイントです。

その共通点から、自分でもよくわからなかった心の動きがつかめることがあります。

また、自分意識していなかったような行動の癖を気づかされることもあります。

似たような人物が複数の夢に登場してくる場合は、とくに注目に値します。

なぜなら、おそらくその人物はあなた自身を表わしているからです。

あなたにとっては未知であるところの《もうひとりのあなた》が、何かの必要があって繰り返し夢に出てくるのです。

夢占い事典 武藤安隆著 日本文芸社より抜粋

夢占いを繰り返し調べてみる事のメリット

何度も精神的に不安定と診断される夢を見るのなら、体調や精神状態が不安定になっている証拠です。

その場合は、次の休日には思いっきり休もう、という具合に夢で得た警告を元に行動を決める事ができます。

夢は本当の自分から、自分に向けたメッセージなのです。

自分の悩みの本質を夢から読み取る事ができるようになると、あなた自信の心身の安定を図る事ができるようになります。







-夢とは

Copyright© 夢占い心理学 , 2018 AllRights Reserved.