全ページ広告





初詣の夢の意味 夢占いでの考え方

投稿日:

本当は正月じゃないのに初詣に行く夢を見た場合、自分から新しく何かを変えようとしている意志を表しています。

今のまま暮らしていてはいけないと思っている時にも初詣の夢をみたりします。

現状を新しく変えようと思っている気持ちが高まっています。
初詣に行く夢を見た場合、意識して新しい事をはじめてみるといいでしょう。

初詣の夢占い

【夢占い】初詣に行く夢をみた時のあなたの心理とは

日本人の誰もにとって、仕切り直しなのが新年の初詣です。

初詣に行く時、心は清らかで、新しい事をはじめようという意思で満ち溢れています。

また、初詣に行った時の神社の空気も、昨日(昨年)とは違った空気に変わっています。

自分自身の心が新しくなり、周りの空気も新しくなっている、そんな初詣に行く夢をみた時のあなたの心理は、心機一転して、すべてをゼロにしてからスタートさせたいという欲求が根本にあると考えられます。

初詣の夢をみたあなたが持っている深層心理は刺激を求め、新しい事を心から欲しています。

これから何をしたら良いか、考えるのに良い機会です。
何をしたいかを考え、それに対する答えを考える時間を、あなた自身が欲しがっているシグナルが初詣の夢の意味です。

じっくりと、新しい気持ちであなた自身の人生を良くする方向性について考えてみて下さい。







-行動

Copyright© 夢占い心理学 , 2018 AllRights Reserved.