全ページ広告





【夢占い】夢で傷を負う夢は警告!傷 を負う夢の意味とは 

更新日:

傷 夢占いの意味

夢の中で傷を負った場合、数週間は傷を負った部分に注意して生活した方がいいです。

それは夢占いで傷を負った箇所が悪くなる予知夢である可能性があるからです。

ケガをしたり、傷ついてしまう夢、夢なのに痛みを感じた夢はあなたにケガしないように警告している夢なのかもしれません。


以下は、夢占いの本から傷の項目を抜き書きしたものです。

「傷のできた部位に問題が生じる」という暗示です。また、「過去に受けた痛手」を意味している可能性もあります。

傷が関係する夢 夢診断の解釈ポイント

 
傷のある個々の部位を参照してください。なお、《新しい傷を見る》のは、「これから問題が顕在化してくることを、《傷痕》や《癒えた傷》は、「問題が解消されることを表します。

決定版 夢占い大事典 不二龍彦著 学習研究社より抜粋

【夢占い】痛みを感じた夢は警告!傷んだ場所がキーポイントに - 夢占い心理学

夢診断 私自身、傷を負う夢をみた話 その後どうなったか?

傷を負う夢をみた後、普段以上にケガや事故に気をつけながら生活しました。

夢の中で傷ついた場所が腕(ひじ)だったので、特にその箇所のマッサージをしたり、腕が傷つかないように注意して過ごしました。

幸い、ケガはなく、体調不良等もありませんでした。

ただ、心理的な状態が悪い時だったという事は確かです。

傷の夢をみたのでしたら、しばらくはケガに注意して過ごされるのがいいと思います。







キーワード検索:夢に出てきたキーワードを入力して下さい 例:知らない人

他に夢の中で気になったキーワードがあれば以下の検索窓に入力してみて下さい。詳しいページが出てきます。

-か行, ケガ

Copyright© 夢占い心理学 , 2019 AllRights Reserved.