全ページ広告





【夢占い】アナウンサーの夢の意味は?助言を求めているかも

更新日:

夢の中でアナウンサーが何か言っていた場合、それが現実にも起こるかもしれません。

夢占いでも、現実世界と同じく、アナウンサーは、告知者の役割があると考えられています。

現実世界でもアナウンサーはニュース、スポーツ、交通情報を告げてくれる役があります。

夢の中のシチュエーションで、ラジオでアナウンサー(パーソナリティともいいます)が起こった事を伝えてくれた場合、それは予知夢に近い夢です。

告げられた内容を予知夢として考えてみるといいかもしれません。

もし嫌な事が起こる事をアナウンスされたのなら、何か嫌な事がこれから起こるという覚悟を。もし、いい内容の事が起こるというのなら、いい内容を自分から探してみたりしてもいいかもしれません。

アナウンサー
自分の知性に自信を持ちすぎていることへの、警告の意味あります。

愛情面では、相手に気持ちがきちんと伝わっていないかもしれません。

何も言わなくてもわかってくれると考ないで、相手にわかるような表現を心がけ、ねばり強くコミュニケーションを取りましょう。

また、アナウンサーが何かの情報を語る夢は、その内容に注目するといいでしょう。

何らかの役立つ情報を無意識の世界から伝えてくれている場合があります。

実際にアナウンスの内容通りのことが起こるかもしれません。

夢占い大全 マドモアゼル・愛著 西東社より抜粋

夢占いの考え方では、アナウンサーが夢の中に関わってくる事自体、あなたがアナウンスしてもらいたがっている……、つまりアドバイスを求めている状態であると考えます。

ですので、夢の中で、アナウンサーが何を言っていたか思い出せない場合には、自分に対してアドバイスをしてくれるような人(上司、先輩、親)に電話をしたり、会いに行って話してみたりする機会を作るのがベストな行動になります。







-登場人物

Copyright© 夢占い心理学 , 2018 AllRights Reserved.